★大阪新四十八願所阿弥陀巡礼

札所数 48(番号付き札所:48  客番・番外札所:0)
別称  
関連霊場  
公式情報・事務局 大阪新四十八願所阿弥陀巡礼 公式ホームページ(https://www.osaka-amida48.net/
御開帳情報  
開創年・開創者 元文5(1740)年に開創、平成23(2011)年に再興
縁起・由緒・開創経緯

◆大阪新四十八願所阿弥陀巡礼 公式ホームページより抜粋◆

京都に始まった「阿弥陀四十八願所」の巡礼が、大坂の地に派生します。大坂には観音三十三所・六地蔵・地蔵四十八ヶ所などの巡礼はありましたが、浄土宗寺院だけをめぐる巡礼は設けられておりませんでした。

そこで元文5年(1740)生玉寺町の九応寺淳誉が勧進主となって、『大坂四十八箇寺阿弥陀巡礼記』を出版し、大坂に「阿弥陀四十八願所」を創設することとなりました。

備考

・浄土宗の宗祖である法然上人の800年遠忌を記念して再興された阿弥陀如来巡拝霊場。

・札所数が48ヶ寺なのは、阿弥陀仏の四十八願にちなんだ数字。

・開創当時の札所配置では、行程がおよそ14km程度なので、1日で結願出来た様子。

・再興された霊場でも、札所の多くが大阪市内中心部にあるので、巡拝しやすいと言える。

・霊場専用の御朱印帳が用意されている。

・再興されて日も浅く、また宗派を挙げて再興されたことで、受け入れ体勢も整っている。

情報掲載日・更新日 公開:2019年03月20日  更新:2019年03月20日

 

札番 山・院・寺号 御本尊 宗派 住所 備考
1番 護念山 念仏三昧院 法住寺 阿弥陀如来 浄土宗 吹田市千里山東2丁目19-1 大坂33観音
2番 清浄瑠璃山 念仏三昧院 源光寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市北区豊崎2丁目3-23  
3番 感応山 瑞雲院 蟠龍寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市北区野崎町4-1  
4番 松景山 冷雲院 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市北区野崎町4-4 大坂円光大師25霊場
5番 光明山 智源寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市北区天神橋3丁目3-10  
6番 明耀山 来迎院 大鏡寺 阿弥陀如来 浄土宗 吹田市五月が丘南23-1 日本善光寺48願所、大坂円光大師33霊場
7番 川向山 普照光院 大長寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市都島区中野町2丁目1-14  
8番 終南山 光明院 善導寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市北区与力町2-5 大坂33観音
9番 栄補山 皈命院 運潮寺 阿弥陀如来 浄土宗 柏原市玉手町7-48  
10番 聚松山 専念寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市北区同心1丁目1-5 元祖円光大師大坂25霊場
11番 真田山 心眼寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区餌差町2-22  
12番 満珠山 正法院 伝長寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区餌差町4-7  
13番 法王山 最勝寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区餌差町11-9  
14番 林徳山 法樹院 慶伝寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区餌差町6-31 大坂33観音
15番 青龍山 玉泉院 宝樹寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区城南寺町7-10  
16番 慈光山 法藏院 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区城南寺町7-4  
17番 住法山 見知院 大善寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区城南寺町8-26  
18番 宝梁山 全慶院 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区城南寺町7-7  
19番 鶴林山 慶恩院 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区城南寺町5-4  
20番 瀧水山 金字院 長安寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区城南寺町5-13 大坂33観音
21番 雲上山 持明院 龍淵寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区城南寺町6-32  
22番 貯徳山 宝樹院 大福寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区上本町4丁目1-15  
23番 当麻山 観仙院 天性寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区上本町4丁目2-28  
24番 高北山 正念寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区上本町5丁目3-23  
25番 来迎山 西光院 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市中央区上本町西5丁目1-2  
26番 四弘山 誓願寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市中央区上本町西4丁目1-21 井原西鶴の墓所
27番 一心山 早円院 専念寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市中央区上本町西4丁目1-15  
28番 仏心山 救生院 白雲寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市東住吉区北田辺4丁目10-33  
29番 當麻山 中将院 大雲寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市中央区中寺1丁目3-6  
30番 阿徹山 不退院 安楽寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区生玉町3-2  
31番 三融山 勢至院 円通寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区生玉寺町5-4  
32番 清光山 白毫院 増福寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区生玉寺町5-24  
33番 清白山 心知院 光善寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区生玉寺町5-34  
34番 無量山 阿弥陀院 大宝寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区生玉寺町7-17  
35番 楽邦山 浄運寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区生玉寺町4-33  
36番 三宝山 大安寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区生玉寺町7-25  
37番 究竟山 長円寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区生玉寺町4-29 法善寺別院、48番法善寺の飛び地境内
38番 品蓮山 九応寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区生玉寺町7-32  
39番 坂松山 高岳院 一心寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区逢阪2丁目8-69 骨仏の寺
40番 天憐山 良運院 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区下寺町2丁目2-33  
41番 岸松山 大江院 西念寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区下寺町2丁目2-36  
42番 正因山 浄業院 善福寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区下寺町2丁目1-41  
43番 安養山 報土院 西徃寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区下寺町1丁目3-56  
44番 嶺卓山 松林院 宗念寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区下寺町1丁目3-66  
45番 東営山 西岸院 源聖寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区下寺町1丁目2-25  
46番 無衰山 金龍院 浄国寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区下寺町1丁目2-36  
47番 泥洹山 單信院 称念寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市天王寺区下寺町1丁目1-19  
48番 天龍山 法善寺 阿弥陀如来 浄土宗 大阪市中央区難波1丁目2-16 水掛不動、千日寺

 

札番 御詠歌
1番 三つの名の 闇路も広く 月影の 照らすや法の 誓ひなるらん
2番 昔見し 花の都に いたる身は なにか迷ひの 道にかへらん
3番 草も木も 皆山吹きの 花の色に 照らすや法の 光なるらん
4番 色に香に 咲きしは法の 姿にて 返へす袂や 花のほかなき
5番 いにしへの 報ひのほども 今ここに 知るや誓ひの 恵みなるらん
6番 たらちねの 生まれし道を まづ見つつ 救ふためしを しかぞ嬉しき
7番 行きて見ぬ 千里の外の あさ風も 心に澄める 月の下かな
8番 我のみか 人の心も 諸共に 写す鏡や 法の月影
9番 ここに見え 彼処に立ちて 白雲の 峰も幾重に 行き帰るらん
10番 彼の国の 花に宿りし 身を知れば 御法聞くより 外に暇はなき
11番 あだに咲く 花は浮世の ひと盛り 常葉の松の 陰ののどけき
12番 いかならん 闇も残らじ 朝日この 藪し分かずも 照らす光に
13番 山人の 道はものかは 計りなき 命の御名に なにか及ばん
14番 共に聞く ひとりと悟る 法の道 浜の真砂の 限りやはある
15番 呉竹の 幾世を込めて 諸人の 老ひせぬ門や なを栄かふらん
16番 空に飛び 枝に声する 鳥までも 慣れし御法の 友や呼ぶらん
17番 世に高き 三世の仏も 法の師の 御名や唱へて 月を見るらん
18番 漏らさじと 立てし誓ひや 道芝の 露にも宿る 法の月影
19番 夢の世を 驚きはてつ 迎へ来る 雲ぢに澄める 糸竹の声
20番 生れ行く 国と思へば 心にぞ かけて唱ふる 御法なりける
21番 彼の国に 生れ行く身は 我ながら 花にも勝る 姿とや見ん
22番 親と子の 中を思へば 隔てなき 教へや法の 心なるらん
23番 咲き出づる 花の木ずゑを そのままに 三世の仏の 手向けとやせん
24番 御仏に 御法の花を 手向けんと 向かへば匂ほふ 木々の下陰
25番 聞くに名を ひとつ心の 法の海 深き誓ひや ときも伝へん
26番 天地を 動かしぬべき 身の程や 得るも仏の 力なりけり
27番 上もなき 御法の国は 物事に 光や添へて 身を照らすらん
28番 常永久に 見るもえならぬ 花の香の 光り交えへて 幾世経ぬらん
29番 説き伝たふ 法の教へは 染め髪に 残りし色や 世に匂ほふらん
30番 限りなき 雲の上まで 説き伝ふ 御法や高き 声と聞くらん
31番 我が身さえ 花と見るより 曇りなき 法の鏡に 照らす面影
32番 双葉より 匂ふ林に 立ち濡るる 袖もかくこそ 四方の春風
33番 誓ひてし 月の光を 身に触れて 心和らぐ 法の言の葉
34番 南無阿弥陀 とばかり聞くも 身を変へぬ この世ながらの 仏なりけり
35番 紫の 雲の通ひ路 隔てめや さこそ乙女の 憂き身なりとも
36番 大宮に 立ちそふ雲は 隔てても 光遍き 法の月影
37番 雲の上 天津乙女も 後の世を 仰ぐ袂や 露けかるらん
38番 裁ちぬ布も たかねをからで 唐衣 袂浴衣に 重ねてぞ着る
39番 隔てなき 誓ひの国に 生れ行て 受くる御法の 袖や楽しき
40番 をちこちの 仏の国も 目の前へに 見せてぞ救ふ 誓ひかしこき
41番 花とのみ 思ふ姿も 彼の国の 誓ひの種や かねて植へけん
42番 頼もしな 身を任せをく 仏には 忘するる草の 種もあらじと
43番 またも世に 出なば法の 師となりて 人を導く 身とも生れん
44番 勤めこし 六つの波羅蜜 まどかにも 満ちてや月の 光添ふらん
45番 唱ふれば 身をも離れず 月影の 照らす誓ひや 袖に仰ふがん
46番 啼く鳥も 流るる水も 聞く人の 心に法の 声を添へつつ
47番 聞くに名を 怠りやすき 身の上を 誓ひて救ふ 御名や唱へん
48番 至り得て 退く暇も 三つの名の 花に幾世の 春を契らん