★行徳・浦安三十三ヶ所観音霊場

札所数 34(番号付き札所:33  客番・番外札所:1)
別称  
関連霊場  
公式情報・事務局  
御開帳情報  
開創年・開創者 元禄3(1690)年に行徳観音霊場として開創、明治期に消滅、昭和59(1984)年に行徳・浦安三十三ヶ所霊場として再興
縁起・由緒・開創経緯  
備考

・地域のボランティアにより、昭和の終わりに再興された観音霊場。

・ただし、各札所の観音像は焼失や所在不明等があり、観音霊場としての色合いは現在のところ薄い。

・廃寺のままの札所もあり、完全な再興には至っていない。

・ボランティアにより、定期的に徒歩巡礼の会が開かれている。

・無住の札所もあり、拝観の可不可は寺院次第となる。

・第1番から第33番までの札所を3回巡拝し、最後に番外の観音堂へお参りすることでご利益を得るとされている。

・そのため、番外札所は、第100番札所とも呼ばれている。

情報掲載日・更新日 公開:2017年12月25日  更新:2018年04月06日

 

札番 山・院・寺号 霊場御本尊 御本尊 宗派 住所 備考
1番 海巌山 普光院 徳願寺 聖観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市本行徳5  
2番 行徳山 金剛院 福泉寺 十一面観世音菩薩 弘法大師   市川市二俣2 お堂のみ
3番 塩場山 長松寺 聖観世音菩薩 薬師如来 臨済宗大徳寺派 市川市本行徳8  
4番 神明山 自性院 聖観世音菩薩 大日如来 真言宗豊山派 市川市本行徳1  
5番 十方山 大徳寺 如意輪観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市下新宿5  
6番 浄林寺         廃寺
7番 聖中山 松寿院 正源寺 如意輪観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市河原3  
8番 不動山 養福院   不動明王 真言宗豊山派 市川市河原5 薬王寺(船橋市夏見5)の管理
9番 竜灯山 竜厳寺         雙輪寺に合併
10番 福王寺         雙輪寺に合併
  稲荷山 普明院 雙林寺 千手十一面観世音菩薩 大日如来 新義真言宗 市川市稲荷木3 第9、10番札所兼務
11番 海中山 了極寺 聖観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市高谷2  
12番 海岸山 高谷院 安養寺 千手観世音菩薩 千手観世音菩薩 真言宗豊山派 市川市高谷2 はだし大師、市川七福神
13番 真宝山 法泉寺 如意輪観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市本行徳7  
14番 仏性山 法善寺 聖観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土真宗本願寺派 市川市本塩1 塩場寺
15番 飯沢山 長寿院 浄閑寺 聖観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市本行徳  
16番 仏貼山 信楽寺         教信寺に合併
17番 正覚山 教善寺         教信寺に合併
  正覚山 成就院 教信寺 聖観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市本行徳 第16、17番札所兼務
18番 医王山 宝性寺 如意輪観世音菩薩 不動明王 真言宗単立   廃寺、第19番の徳蔵寺に吸収
19番 関東山 徳蔵寺 如意輪観世音菩薩 阿弥陀如来 真言宗単立 市川市関ヶ島8 行徳不動、第19番札所も兼務
20番 松柏山 清岸寺 如意輪観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市伊勢宿4  
21番 来迎山 光林寺 聖観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市押切  
22番 仏法山 東漸院 法伝寺   阿弥陀如来 浄土宗 市川市湊7  
23番 水奏山 円明院 十一面観世音菩薩 阿弥陀如来 真言宗豊山派 市川市湊 葛飾3弁天、本湊村弁財天
24番 青暘山 光明院 善照寺 千手観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市湊  
25番 西光山 安楽院 源心寺 十一面観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 市川市香取1 いぼ取不動
26番 親縁山 了善寺 十一面観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土真宗本願寺派 市川市相之川2  
27番 秋葉山 新井寺   釈迦牟尼仏 曹洞宗 市川市新井1  
28番 宝珠山 地蔵院 延命寺   大日如来 真言宗豊山派 市川市新井1  
29番 東海山 善福寺   大日如来 新義真言宗 浦安市当代島2  
30番 海照山 花蔵院 聖観世音菩薩 大日如来 新義真言宗 浦安市猫実3  
31番 医王山 東学寺   薬師如来 真言宗豊山派 浦安市堀江2 亀乗薬師
32番 清滝山 観音寺 宝城院 千手十一面観世音菩薩 不動明王 真言宗豊山派 浦安市堀江4  
33番 光縁山 勢至院 大蓮寺 聖観世音菩薩 阿弥陀如来 浄土宗 浦安市堀江4  
番外 藤原観音堂 身代わり観世音菩薩 身代わり観世音菩薩 浄土宗 船橋市藤原町2 第100番札所とも言う