★蒲原三十三観音霊場

札所数  番号付き札所:33、客番・番外札所:0
開創年  元文(1736~1740年)頃
公式情報・事務局  
御開帳情報  
備考

・新潟県北部、阿賀野川下流域周辺に点在する寺院から成る霊場

作成開始日:2014年06月23日
最終更新日:2014年07月01日
札番 山・院・寺号
霊場/寺院御本尊
宗派 住所 備考
 第1番  寺社山 福隆寺  千手観世音菩薩/大日如来  真言宗智山派  阿賀野市寺社甲  越後88霊場
 第2番  臨沢山 観音寺  正観世音菩薩  曹洞宗  阿賀野市草水

 上杉謙信公の墓

 第3番  切畑観音堂  十一面観世音菩薩    五泉市切畑  
 第4番  雷電山 東光院  正観世音菩薩  真言宗醍醐派  五泉市水戸野  
 第5番  雲栄山 永谷寺  聖観世音菩薩/阿弥陀如来  曹洞宗  五泉市川内  
 第6番  龍形山 正円寺  聖観世音菩薩/不動明王  真言宗智山派  五泉市村松甲  越後33観音、越後88霊場
 第7番  龍雲山 興泉寺  千手千眼観世音菩薩/釈迦牟尼仏  曹洞宗  泉市錦町2  
 第8番  錫杖山 延命寺  聖観世音菩薩/地蔵菩薩  真言宗智山派  五泉市丸田戊

 地蔵霊場(第9番)?

 第9番  大悲山 普談寺  十一面観世音菩薩/不動明王  真言宗智山派  新潟市朝日  越後33観音、越後88霊場
 第10番  福聚山 観音寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  新潟市新町2  
 第11番  新津満願寺観音堂  十一面観世音菩薩  曹洞宗  新潟市秋葉区満願寺

 第12番大栄寺の管理

 第12番  隆明山 大栄寺  聖観世音菩薩/釈迦牟尼如来  曹洞宗  新潟市沢海  
 第13番  揚揮山 法憧寺  聖観世音菩薩/釈迦牟尼如来  曹洞宗  新潟市小杉  
 第14番  虎岳山 東陽寺  正観世音菩薩/釈迦牟尼仏  曹洞宗  新潟市大渕  
 第15番  広喜山 長安寺  聖観世音菩薩/釈迦牟尼如来  曹洞宗  新潟市長戸呂  
 第16番  桃源山 養広寺  聖観世音菩薩/釈迦牟尼仏  曹洞宗  阿賀野市駒林  
 第17番  玉峰山 西福寺  聖観世音菩薩/釈迦牟尼如来  曹洞宗  阿賀野市下条町5   
 第18番  百津観音堂  十一面観世音菩薩    阿賀野市百津町6

 多賀浮洲神社の境内

 第19番  台現山 鑑洞寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  阿賀野市笹岡  
 第20番  五頭山 華報寺  聖観世音菩薩/釈迦牟尼仏  曹洞宗  阿賀野市出湯  
 第21番  慈鳳山 釈尊寺  三面馬頭観世音菩薩/釈迦牟尼仏  曹洞宗  阿賀野市下の橋  
 第22番  女堂観音堂   如意輪観世音菩薩  曹洞宗  阿賀野市女堂  
 第23番  補陀落山 千光寺  千手観世音菩薩  曹洞宗  新発田市五十公野  金龍庵(新潟市北区太郎代)の管理
 第24番  岩井山 白蓮寺  十一面観世音菩薩  曹洞宗  新発田市五十公野  越後33観音
 第25番  宝珠山 相円寺  千手観世音菩薩/釈迦牟尼仏  曹洞宗  新発田市中央町2  
 第26番  福聚山 興善寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  新発田市道賀  
 第27番  聖籠山 宝積院  十一面観世音菩薩  真言宗智山派  北蒲原郡聖篭町諏訪山  越後33観音
 第28番  内島見観音堂  正観世音菩薩    新潟市内島見  
 第29番  明白山 見竜寺  千手観世音菩薩  曹洞宗  新発田市岡屋敷  
 第30番  鷲林山 徳昌寺  千手観世音菩薩/釈迦牟尼仏  曹洞宗  阿賀野市村岡  
 第31番  金峰山 東陽寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  阿賀野市船居  
 第32番  祥瑞山 大雲寺  聖観世音菩薩/釈迦牟尼仏  曹洞宗  阿賀野市外城町  
 第33番  能満山 長楽寺  聖観世音菩薩/阿弥陀如来  曹洞宗  阿賀野市北本町4  
 番外  如意山 乙宝寺  如意輪観世音菩薩/大日如来  真言宗智山派  胎内市乙  越後33観音、越後88霊場
 
札番 御詠歌
札番 御詠歌
 第1番

 柳島 願ひをかけて 繰る糸の 絶へぬ誓ひを 頼むものかな

 第18番  百度も 百津の森の 御仏に 参る心は 飽く時ぞなき
 第2番

 草水を 分けて訪ぬる 月影の 観音寺裏の 鐘のひとこゑ

 第19番  春はただ 小笹混じりの 岡の辺の 千草の花や 錦なるらん
 第3番

 心から しずのをだまき 繰り返し 輪廻の綱も 切旗の堂

 第20番  尋ね入る 出湯の山路の 奥深き 峰より晴るる 五頭の夕立
 第4番

 訪ね来て 我も水戸野の 法の庭 罪も障りも 嵐吹くなり

 第21番  下の橋 いほりのおはす 観世音 救いまします 罪も病ひも
 第5番

 結ぶ手に 清き流れの 川内とて 藤井の水も ここにすむ川

 第22番  女堂 三つも五つも 八つ森の 西へ行く身は さわらざりけり
 第6番

 名にしあふ 松のむらたち 色添へて 霞む春辺や 補陀洛の山

 第23番  月一つ 影は千里の 外照らす 天津雲井の 五十公野の秋
 第7番

 名も高き泉の寺の庭の苔 つゆ岡寺のかずをむすべり

 第24番  仏にも なるは心の 種なるや 岩に生へたる 松を見るにも
 第8番

 参るより なほ幾度も 誓ひして 心まるたの 山ぞはるけき

 第25番  後の世の 種を新発田に 植る身の なれは仏の 誓ひなるらん
 第9番

 祈るから今は残らず身の罪を 旭のさとの霜にたとへて

 第26番  唯頼め しめじが原の 露の身を さしも道賀の 草のはずいを
 第10番

 よもすから 月はやま屋に かけさえて 新津河せの 波もしらけし

 第27番  鷲鷹の 鳥屋の松山 待ちわびて たのむ木陰に 雨を漏らさじ
 第11番

 逆縁も 洩らさですくふ 渡り川 船は仏の 誓ひとぞしる

 第28番  極楽の 外もかりして 内島見 渡す弘誓の 舟に任せて
 第12番

 みなかみは つきせにわたる 阿賀野川 沢海の岸へ 通ふ松風

 第29番  尋ねゆく をしへの道は 岡屋敷 寺や浮き世の 外をしるらん
 第13番

 巡りあふ 浮き木の川の 縁なれや 法の幡ふる をちこちの道

 第30番  鷲の山 暁ごとに 鐘の声 常に浮き世の 夢ぞ覚めけり
 第14番

 永き世の 闇を仏の 照らすにぞ 曽根のみぎはに 明くる東雲

 第31番  芦苅りし 浪花の浦を よそにして 参る仏の 縁は飯塚
 第15番

 かげ頼む 仏の誓ひ 世々を経て 長安寺の 杉のむらたち 

 第32番  紫の 雲の台も よそならん 此の大寺に 参る我が身は
 第16番

 わくらはに 仏の縁ぞ 三千年に 実なり花咲く なにぞ添へける

 第33番  谷汲みの 流れも同じ 水原に をさめて帰る 肩の笈摺
 第17番

 玉木はる 其のうき時を 祈るにぞ 西をしる辺に 参る寺かな

 番外  朝日差し 夕日輝く 乙寺 入り相い響く 松風の音