★若狭三十三観音霊場

札所数  番号付き札所:33、客番・番外札所:1
開創年  昭和57年(1982年)11月
公式情報・事務局  
御開帳情報  
備考

・福井県の若狭地方に点在する観音霊場

・特別霊場1ヶ寺を加えた、34ヶ寺で構成されている

・無住、他寺管理も複数ある

作成開始日:2014年07月15日
最終更新日:2014年07月28日
札番 山・院・寺号
霊場御本尊/寺院御本尊
宗派 住所 備考
 第1番  勝載山 永厳寺  千手観世音菩薩  曹洞宗  敦賀市金ヶ崎町15  
 第2番  誓法山 金前寺  十一面観世音菩薩  高野山真言宗  敦賀市金ケ崎町1  袴掛観音
 第3番  金照山 龍渓院  十一面観世音菩薩  曹洞宗  三方郡美浜町丹生47  タコ薬師
 第4番  放光山 阿弥陀寺  聖観世音菩薩/釈迦牟尼如来  曹洞宗  三方郡美浜町丹生50  
 第5番  放光山 瑞林寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  三方郡美浜町早瀬20  
 第6番  恵日山 宝泉院  如意輪観世音菩薩/薬師如来  高野山真言宗  三方上中郡若狭町気山130  北陸白寿33観音、北陸33観音
 第7番  普品山 慈眼寺  聖観世音菩薩  高野山真言宗  三方上中郡若狭町田井93  
 第8番  慈眼山 弘誓寺  如意輪観世音菩薩  曹洞宗  三方上中郡若狭町黒田7  
 第9番  宝篋山 天徳寺  馬頭観世音菩薩  高野山真言宗  三方上中郡若狭町天徳寺38  四国八十八ヶ所石仏霊場
 第10番  松尾山 大蔵寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  三方上中郡若狭町海士坂10  
 第11番  大龍山 永源寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  小浜市田烏37  
 第12番  羊水山 蓮性寺  十一面観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  小浜市阿納11  
 第13番  宝祥山 松福寺  聖観世音菩薩/釈迦牟尼如来  曹洞宗  小浜市松原1  
 第14番  潮音山 円通寺  聖観世音菩薩/釈迦牟尼如来  臨済宗南禅寺派  小浜市北塩屋6  
 第15番  望雲山 松源寺  十一面観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  小浜市北塩屋14  
 第16番  霊応山 神宮寺  十一面千手千眼観世音菩薩/薬師如来  天台宗  小浜市神宮寺30  
 第17番  龍雲山 神通寺  如意輪観世音菩薩/釈迦如来  曹洞宗  小浜市遠敷56  
 第18番  石照山 多田寺  十一面千眼観世音菩薩/薬師如来  高野山真言宗  小浜市多田27  北陸白寿33観音、北陸33観音
 第19番  岩屋山 妙楽寺  二十四面千手観世音菩薩  高野山真言宗  小浜市野代28

 本堂は若狭地方最古の建造物

 北陸33観音

 第20番  地久山 円照寺  十一面千手観世音菩薩/大日如来  臨済宗南禅寺派  小浜市尾崎22  
 第21番  青井山 高成寺  十一面千手観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  小浜市青井  
 第22番  上野山 正法寺  如意輪観世音菩薩  真言宗泉涌寺派  小浜市小浜大原37  上之山観音
 第23番  萬松山 栖雲寺  聖観世音菩薩/釈迦如来  臨済宗妙心寺派  小浜市小浜大原2  
 第24番  神谷山 雲外寺  聖観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  小浜市谷田部40‐18  
 第25番  慧照山 大智寺  十一面観世音菩薩  曹洞宗  小浜市須縄21  
 第26番  禅定山 檀渓寺  千手観世音菩薩  曹洞宗  大飯郡おおい町名田庄納田終60  
 第27番  梵音山 海元寺  十一面観世音菩薩  曹洞宗  大飯郡おおい町父子29  
 第28番  普済山 潮音院  聖観世音菩薩/地蔵菩薩  臨済宗相国寺派  大飯郡おおい町本郷85  
 第29番  渓長山 宝楽寺  聖観世音菩薩/不動明王  高野山真言宗  大飯郡おおい町大島94  無住、第30番馬居寺の管理
 第30番  本光山 馬居寺  馬頭観世音菩薩  高野山真言宗  大飯郡高浜町馬居寺3  北陸33観音
 第31番  瑞応山 大成寺  聖観世音菩薩  臨済宗建仁寺派  大飯郡高浜町日置31  
 第32番  普門山 正楽寺  聖観世音菩薩  真言宗単立  大飯郡高浜町日引6  
 第33番  青葉山 中山寺  馬頭観世音菩薩  真言宗御室派  大飯郡高浜町中山27  北陸白寿33観音、北陸33観音
 特別  大悲山 石観世音  聖観世音菩薩  曹洞宗  三方上中郡若狭町三方22  片手観音、三方石観世音
 
札番 御詠歌
札番 御詠歌
 第1番  我が罪を 包み収める観世音 天筒の嶺に 月ぞ照り映ゆ  第18番  ただ頼め 大慈大悲の 観世音 不思議の恵み たのもしきかな
 第2番  極楽へ 罪ある人は 金前寺 朝な夕なに 懺悔帰依仏  第19番  妙なるや 法の楽しみ 春の花 秋はこの身を 熟るぞ尊き
 第3番  諸人の 心を照らす 観世音 夏の海にも 冬の山にも  第20番  観世音 唱えることの ありがたき かけて頼めや この世後の世
 第4番  ありがたや 丹生奥浦の 観世音 普く照らす 慈悲の御光  第21番  音高く 成る入り合いの 鐘の声 諸行無常と 響くなりけり
 第5番  頼もしや 深き御法の林寺 導き給え 華那の台に  第22番  世を救ふ 誓ひは深き 海よりぞ 出でて上野の 山にまします
 第6番  皆も聞け 水晶山の 風の音に 観音妙智の 法の声をば  第23番  栖む龍も 雲起こすなり 法を説く しらべにかよう 峯の松風
 第7番  草も木も 仏となれる 仏木寺 なお頼もしき 鬼畜人天  第24番  手に蓮 慈悲の眼ざし 尊としや 神谷山に 参る喜び
 第8番  むねの雲 黒路田に 晴るる寺の 庭古蓮も 弘誓のちか  第25番  大智慧と 慈悲の誓いの 御仏は 良きも悪しきも 漏らし給はず
 第9番  貧しさの 苦しみ注ぐ 天徳寺 宮の清水の 長き流れを  第26番  慈悲深き 禅定山の 観世音 導き給へ 花の台に
 第10番  海土坂へ 登りて拝む 観世音 二世安楽と たにもめぐらむ  第27番  父も子も 母もろともに 浮かぶらん 波音高き 海の元寺
 第11番  汲みてこそ 思ひ知らるる 永き世に 流れて清き 法の源  第28番  登り来て 館の御寺に 啼く幽鳥の 声は普済の 山に消え行く
 第12番  元よりも 阿納と名付く 仏堂の 夕立しのがす 観世音  第29番  二つなき 三ゆなき法の 大島や 無価の宝を 楽しみの寺
 第13番  小松原 松福寺の 風の音 棟の西津は 極楽の里  第30番  君が馬 居りし昔の 名をとめて 御法の声も 勇むこの寺
 第14番  潮の音 山に響いて 御仏の 法の円に 通う寺かな  第31番  日引なる 古里と遠く 聞こえこし やさかを偲ぶ 今日ぞ尊し
 第15番  ただ参る 心のうちの 清かれと 仏の願い 松原の寺  第32番  松風や 浪の響きも 正楽寺 声澄み渡る 四方の浦山
 第16番  御仏の 尊き誓い 末までも 頼めと残す 神の宮寺  第33番  御仏の 浮木は蓮の 台にて 駒に御法の 中山の寺
 第17番  参るより 心の鬼が 消え果てて 仏の姿  なるぞ嬉しき  特別  身の仇も ほどけて法の 三方山 たが手でえりし 石の御姿