★秩父三十四ヶ所観音霊場

札所数  番号付き札所:34、客番・番外札所:0
開創年  文暦元年(1234年)
公式情報・事務局  秩父札所連合会(http://www.chichibufudasho.com/
御開帳情報  午歳 [平成26年(2014年)は、3月1日から11月18日]
備考

・「西国三十三ヶ所観音霊場」+「坂東三十三ヶ所観音霊場」と合わせて日本100観音霊場を形成する

・秩父観音霊場に1札所追加され、34札所になったのは、天文5年(1536年)頃だとされている

・全行程、およそ100km

・現在も活発な霊場で、通年で全国から参拝者が多い

作成開始日:2014年08月03日
最終更新日:2014年08月07日
札番 山・院・寺号
霊場御本尊
宗派 住所 備考
 第1番  誦経山 四萬部寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父市栃谷418  関東三大施食
 第2番  大棚山 真福寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父市山田3095  光明寺(山田2191)の管理
 第3番  岩本山 常泉寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父市山田1392  
 第4番  高谷山 金昌寺  十一面観世音菩薩  曹洞宗  秩父市山田1803  
 第5番  小川山 語歌堂  准胝観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  秩父郡横瀬町横瀬6086  長興寺の管理
 第6番  向陽山 卜雲寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父郡横瀬町横瀬1430  
 第7番  青苔山 法長寺  十一面観世音菩薩  曹洞宗  秩父郡横瀬町横瀬1508  牛伏堂、秩父札所最大の本堂
 第8番  清泰山 西善寺  十一面観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  秩父郡横瀬町横瀬598  
 第9番  明星山 明智寺  如意輪観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  秩父郡横瀬町横瀬2160  
 第10番  万松山 大慈寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父郡横瀬町横瀬5151  
 第11番  南石山 常楽寺  十一面観世音菩薩  曹洞宗  秩父市熊木43  
 第12番  仏道山 野坂寺  聖観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  秩父市野坂町2  
 第13番  旗下山 慈眼寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父市東町26  飴薬師
 第14番  長岳山 今宮坊  聖観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  秩父市中町25  旧称・長岳山 正覚院 金剛寺
 第15番  母巣山 少林寺  十一面観世音菩薩  臨済宗建長寺派  秩父市番場町7  
 第16番  無量山 西光寺  千手観世音菩薩  真言宗豊山派  秩父市中村町4  関東88霊場
 第17番  実正山 定林寺  十一面観世音菩薩  曹洞宗  秩父市桜木町21  秩父三名鐘
 第18番  白道山 神門寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父市下宮地町5  
 第19番  飛渕山 龍石寺  千手観世音菩薩  曹洞宗  秩父市大畑町15  
 第20番  法王山 岩之上堂  聖観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  秩父市寺尾2169  観音堂は秩父札所で最古の建物
 第21番  要光山 観音寺  聖観世音菩薩  真言宗豊山派  秩父市寺尾2354  矢乃堂
 第22番  華台山 童子堂  聖観世音菩薩  真言宗豊山派  秩父市寺尾3595  
 第23番  松風山 音楽寺  聖観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  秩父市寺尾3773  
 第24番  光智山 法泉寺  聖観世音菩薩  臨済宗南禅寺派  秩父市別所1586  
 第25番  岩谷山 久昌寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父市久那2215  御手判寺、閻魔大王の御手判石
 第26番  万松山 円融寺 岩井堂  聖観世音菩薩  臨済宗建長寺派  秩父市下影森348  
 第27番  竜河山 大渕寺 月影堂  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父市上影森411  
 第28番  石龍山 橋立堂  馬頭観世音菩薩  曹洞宗  秩父市上影森675  霊場唯一の馬頭観世音菩薩
 第29番  笹戸山 長泉院  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父市荒川上田野557  石札堂
 第30番  瑞龍山 法雲寺  如意輪観世音菩薩  臨済宗建長寺派  秩父市荒川白久432  
 第31番  鷲窟山 観音院  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父郡小鹿野町飯田観音2211  鷲窟磨崖仏
 第32番  般若山 法性寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父郡小鹿野町般若2661  霊場唯一の鐘楼門
 第33番  延命山 菊水寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  秩父市下吉田1104  
 第34番  日沢山 水潜寺  千手観世音菩薩  曹洞宗  秩父郡皆野町下日野沢3522  
 
札番 御詠歌
札番 御詠歌
 第1番

 ありがたや 一巻ならぬ 法の花 数は四萬部の 寺のいにしえ

 第18番

 ただ頼め 六則ともに 大悲をば 神門に立ちて 助け給える

 第2番

 廻り来て 頼みをかけし 大棚の 誓いも深き 谷川の水

 第19番

 天地を 動かすほどの 龍石寺 参る人には 利生あるべし

 第3番

 補陀落は 岩本寺と 拝むべし 峰の松風 響く滝津瀬

 第20番

 苔むしろ 敷きても泊まれ 岩の上 玉の台も 朽ち果つる身を

 第4番

 あらたかに 詣りて拝む 観世音 二世安楽と 誰も祈らん

 第21番

 梓弓 射る矢の堂に 詣で来て 願いし法に あたる嬉しさ

 第5番

 父母の 恵みも深き 語歌の堂 大慈大悲の 誓い頼もし

 第22番

 極楽を ここで見付けて 童う堂 後の世までも 頼もしきかな

 第6番

 初秋に 風吹き結ぶ 荻の堂 宿仮りの世に 夢ぞ覚めける

 第23番

 音楽の 御声なりけり 小鹿坂の 調べにかよう 峰の松風

 第7番

 六道を 兼ねて巡りて 拝むべし また後の世を 聞くも牛伏し

 第24番

 天照らす 神の母祖の 色変えて なおも降りぬる 雪の白山

 第8番

 ただ頼め 誠の時は 西善寺 来たり迎えん 弥陀の三尊

 第25番

 水上は いづくなるらん 岩谷堂 朝日もくなく 夕日輝く

 第9番

 巡り来て その名を聞けば 明智寺 心の月は 曇らざるらん

 第26番  訪ね入り 結ぶ清水の 岩井堂 心の垢を 濯がぬはなし
 第10番

 ひたすらに 頼みをかけよ 大慈寺 六の巷の 苦に変わるべし

 第27番  夏山や しげきが下の 露までも 心隔てぬ 月の影森
 第11番

 罪咎も 消えよと祈る 坂ごおり 朝日は差さで 夕日輝く

 第28番  霧の海 たち重なるは 雲の波 たぐいあらじと 渡る橋立
 第12番

 老いの身に 苦しきものは 野坂寺 今思い知れ 後の世の道

 第29番  分け上り 結ぶ笹の戸 押し開き 仏を拝む 身こそ頼もし
 第13番

 御手に持つ 蓮の葉々木 残り無く 浮世の塵を はけの下寺

 第30番  一心に 南無観音と 唱うれば 慈悲深か谷の 誓い頼もし
 第14番

 昔より 立つとも知らぬ 今宮に 参る心は 浄土なるらん

 第31番  身山路を かき分け尋ね 行きみれば 鷲の岩屋に 響く滝津瀬
 第15番

 嬰児の 母巣の森の 蔵福寺 父諸共に 誓い漏らすな

 第32番  願わくは 般若の船に 法を得ん いかなる罪も 浮かぶとぞ聞く
 第16番

 西光寺 誓いを人に 尋ぬれば 終の棲家は 西とこそ聞け

 第33番  春や夏 冬も盛りの菊水寺 秋を眺めに 送る年月
 第17番

 あらましを 思い定めし 林寺 かねききあへず 夢ぞ覚めける

 第34番  万世の 願いをここに 納めおく 苔の下より 出ずる水かな