★盛岡三十三観音霊場

札所数  番号付き札所:33、客番・番外札所:0
開創年

 安政7年(1778年)以降とされる

公式情報・事務局  
御開帳情報  
備考

・開創年や開創に至った理由、開創者などの詳細は不明

・札所を兼務している寺院が多いのは、廃寺に伴う仏尊の移動によるもの

・かなりの札所が、現時点で無住となっている

・昭和4年に盛岡観世音会により御詠歌集が発行され再興されるも、現在までは根付かず

作成開始日:2014年11月11日
最終更新日:2015年02月18日
札番 山・院・寺号 霊場御本尊 寺院御本尊 宗派 住所 備考
 第1番  亀慶山 城南寺 峯寿院  馬頭観世音菩薩    本山修験宗  岩手県盛岡市清水町1  馬町公民館の隣
 第2番  奕葉山 久昌寺  七体観世音菩薩  釈迦牟尼仏  曹洞宗  岩手県盛岡市大慈寺町1  10番札所兼務
 第3番  万歳山 長松院  貞伝観世音菩薩  釈迦如来  臨済宗妙心寺派  岩手県盛岡市大慈寺町2  
 第4番  青龍山 祇陀寺  馬頭観世音菩薩  釈迦牟尼仏  曹洞宗  岩手県盛岡市大慈寺町3  8番札所兼務
 第5番  妙法山 千手院  千手観世音菩薩    天台宗  岩手県盛岡市鉈屋町1  30番札所兼務
 第6番  福聚山 大慈寺  十一面観世音菩薩  如意輪観世音菩薩  黄檗宗  岩手県盛岡市大慈寺町5  
 第7番  盛香山 永泉寺  滝の上観世音菩薩  釈迦如来  曹洞宗  岩手県盛岡市大慈寺町8  
 第8番  青龍山 祇陀寺  十一面観世音菩薩  釈迦牟尼仏  曹洞宗  岩手県盛岡市大慈寺町3  4番札所兼務
 第9番  中野山 法蔵院  小山観世音菩薩      岩手県盛岡市東中野町25  小山観音堂
 第10番  奕葉山 久昌寺  白子観世音菩薩  釈迦牟尼仏  曹洞宗  岩手県盛岡市大慈寺町1  2番札所兼務
 第11番  紫雲山 円光寺  生目観世音菩薩  阿弥陀如来  浄土宗  岩手県盛岡市南大通3  
 第12番  萬峰山 長松寺  千手観世音菩薩  釈迦如来  曹洞宗  岩手県盛岡市仙北町2  
 第13番  千日堂 不退院  聖観世音菩薩  阿弥陀如来  浄土宗  岩手県盛岡市仙北町2  虚空蔵さん
 第14番  水養山 永祥院  聖観世音菩薩  釈迦牟尼仏  曹洞宗  岩手県盛岡市材木町4  幸田観音
 第15番  浅草観音堂  浅草観世音菩薩  聖観世音菩薩  聖観音宗  岩手県盛岡市新田町9  浅草寺から勧請
 第16番  岩鷲山 天昌寺  聖観世音菩薩    曹洞宗  岩手県盛岡市天昌寺町6  巌鷲観音
 第17番  大光山 聖寿寺  聖観世音菩薩    臨済宗妙心寺派  岩手県盛岡市北山2  盛岡5山
 第18番  十却山 正覚寺  無生観世音菩薩  阿弥陀如来  浄土宗  岩手県盛岡市上田2  
 第19番  擁護山 無量院 教浄寺  聖観世音菩薩  阿弥陀如来  時宗  岩手県盛岡市北山1  盛岡5山
 第20番  円峰山 源勝寺  聖観世音菩薩    曹洞宗  岩手県盛岡市北山1  
 第21番  虎嶽山 龍谷寺

 桜川観世音菩薩

   曹洞宗  岩手県盛岡市名須川町7  
 第22番  宝鏡山 清養院  聖観世音菩薩  釈迦如来  曹洞宗  岩手県盛岡市名須川町7  
 第23番  衆宝山 光台寺  聖観世音菩薩  阿弥陀如来  浄土宗  岩手県盛岡市名須川町8

 33番札所兼務、むかで姫の墓所

 第24番  三峯山 吉祥寺  如意輪観世音菩薩  阿弥陀如来  浄土宗  岩手県盛岡市名須川町15  歯生えの弥陀
 第25番  松峰山 東顕寺  十一面観世音菩薩  釈迦如来  曹洞宗  岩手県盛岡市名須川町2  北国88霊場
 第26番  大泉寺  立千手観世音菩薩  阿弥陀如来  浄土宗  岩手県盛岡市本町通1  
 第27番  瑞鳩峰山 報恩寺  十一面観世音菩薩  釈迦如来  曹洞宗  岩手県盛岡市名須川町31  盛岡5山、北国88霊場
 第28番  養広山 正伝寺  魚籃観世音菩薩  釈迦如来  曹洞宗  岩手県盛岡市愛宕町22  
 第29番  開田山 恩流寺  柱観世音菩薩  釈迦牟尼仏  曹洞宗  岩手県盛岡市愛宕町21  
 第30番  妙法山 千手院  千手観世音菩薩    天台宗  岩手県盛岡市鉈屋町1  5番札所兼務
 第31番  新庄観音堂  聖観世音菩薩      岩手県盛岡市新庄町2  
 第32番  感応山 神通寺 三明院  山蔭観世音菩薩  普賢菩薩  本山修験宗  岩手県盛岡市神明町1  陸中88霊場
 第33番  衆宝山 光台寺
 如意輪観世音菩薩  阿弥陀如来  浄土宗  岩手県盛岡市名須川町8  23番札所兼務

札番 御詠歌
 第1番

 進まざる 人に誓ひの 鞭打ちて 鈍き心の 駒を諌めむ

 第2番

 葉を連ね 枝を並べて 幾千代も 久しく栄ふ 如意の誓ひぞ

 第3番

 万代も 長く栄へむ 松のいろ 慈悲の誓ひの あらむ限りは

 第4番

 古への 祇陀の御園も かくやらむ 法のおとづれ きけぬくまなし

 第5番

 有難や たへなる法に 諸人を ちすじの御手に 導かれり

 第6番

 たづねても 汲めや福聚の 山清水 大慈大悲の 深きみたらし

 第7番  滝の上の 菩薩をここに 遷しえて 永く大悲の 泉汲ませむ
 第8番  土石まで 仏になせき 宗龍寺 まして御法に 心ある人
 第9番  いと高き 法の御身を つつましく 小山の里に 影を留むる
 第10番  あかじまぬ 白子の慈悲に 迎ひてむ たへず花咲く 無為の都ぞ
 第11番  紫の 雲間を分けて まどかなる 光りをみせむ 知恵のいきめに
 第12番  後の世を 頼む心の 目冴えて よろづの峰に かかる雲なし
 第13番  ひとたびの 詣る心 千日に むかふ誓ひと 思ひこそすれ
 第14番  有り難や 法の清水に 養はれ 永き幸ひ 得ると思えば
 第15番  深かりし 罪のむくゐを 浅草の 写されにけり 慈悲の菩薩に
 第16番  地に繁り 天に栄へむ 法の道 昔鷲山の ゑざに等しく
 第17番  まどかなる 光りおふべき 雲となり 明宜の庵 世々に知らせむ
 第18番

 生まれずは この正覚を とらずとの 仏の誓い 頼もしきかな

 第19番  末の世の 濁りにそまぬ 御教へは 浄き菩薩の 擁護なりけり
 第20番  よろづよも 大慈の流れ 絶えぬべき その源の 枯れたるにぞ
 第21番  いと猛き 虎追ふ杖の 龍谷寺 かゝる奇瑞も 法の力ぞ
 第22番  火の守り 軽羅の身をば 現すも 大慈大悲の 誓ひなるらむ
 第23番  諸々の 宝の山を 登り来て 光るうてなに 法の道かな
 第24番  法の道 知る人ならば 吉祥寺 知らぬものをも ついに漏らさず
 第25番  三ツ石の 神に大悲の 跡だれて 荒らぶる鬼を 退けにけり
 第26番  忍びても 通ひても聞け 法の道 亀の形見を 見るにつけても
 第27番  大慈悲の 色も常磐の 松坂に いつか御恩の 報ひ祀らむ
 第28番  有り難や 仏の道を 正傳寺 これぞ菩薩の 慈悲のたまもの
 第29番  いと深き 菩薩の慈悲の 恩流寺 汲みつる人は 後世も安楽
 第30番  千よろづの 御手に引かれて いと易く 弥陀の浄土へ ご念即生
 第31番  昔より 慈悲のはからひ 新たなる 新庄山に 今も輝く
 第32番  三明の 智慧をいかにと たづぬれば この山陰に 有明の月
 第33番  補陀洛の 山々巡る 親も子も 頓証山菩薩に 心おさむる