★伊那三十三ヶ所観音霊場

札所数 34(番号付き札所:33  客番・番外札所:1)
別称 伊那西国三十三ヶ所観音霊場、伊那順礼
関連霊場  
公式情報・事務局  
御開帳情報  
開創年・開創者 寛永元年(1624年) 網野藤七
縁起・由緒・開創経緯

◆伊那史叢説 第2篇(市村咸人著:昭和12発行)より抜粋◆

伊那順礼と云う事は、立石村の住人網野四郎左衛門の子藤七が寛永元甲申年(二百八十二年前)郡内の霊場を順礼して廻ったのを始とする。この年以来、伊那順礼と名付け、毎年春秋の好時節に老若貴賤がこの札所を順礼し廻ることが流行り出した。

就中享保二十一丙辰年(百八十年前)藤七が廻り始めてから三十三年目に、二月十八日から三月二十一日まで、伊那三十三番一同に開帳があって、霊験著しく大層な賑わいであったと語り伝えている。

順礼歌も二通りある。舊歌は竹佐村久保田正元の願いによって加藤以三という者がこれを作り、新歌は江都の歌学者可休の作である。

備考

・長野県の伊那地方を中心とした観音霊場になる。

・開創者の網野藤七は、立石村の住人網野四郎左衛門の子とされる人物。

・開創年は、将軍が徳川家光の時代である寛永元年(1624年)になる。

・開創以来、毎年春秋の好時節に老若貴賤がこの札所を順礼し、廻ることが流行り出したとされる。

・ほとんどの札所が無住なので、個人での巡拝は難しい霊場になっている。

情報掲載日・更新日 公開:2018年12月05日  更新:2018年12月05日

 

札番 山・院・寺号 御本尊 宗派 住所 備考
1番 千頭山 立石寺 十一面観世音菩薩 高野山真言宗 長野県飯田市立石140 柿観音
2番 備中山 普門院     長野県下伊那郡阿智村伍和3259 地域管理
3番 慈眼山 衆生院 聖観世音菩薩   長野県下伊那郡阿智村春日2983 廃寺、伊那四国88霊場、中関高齢者いきがいセンター
4番 中御堂     長野県飯田市山本北平 お堂のみ
5番 北御堂     長野県飯田市山本北平 お堂のみ
6番 慈雲山 観音寺   臨済宗妙心寺派 長野県飯田市竹佐866  
7番 大峯山 観音堂     長野県飯田市伊豆木  
8番 崇福山 興徳寺 釈迦如来 臨済宗妙心寺派 長野県飯田市伊豆木70  
9番 藤居寺     長野県飯田市川路月の木 川路六区第二集会所
10番 中山寺     長野県飯田市中村2445 下中村老人集会施設
11番 小竹庵 観音堂     長野県飯田市大瀬木1450  
12番 清浄山 観音堂     長野県飯田市大瀬木553  
13番 笠松山 真慶寺 聖観世音菩薩 臨済宗妙心寺派 長野県飯田市北方1670  
14番 長熊山 運松寺 阿弥陀如来 浄土宗 長野県飯田市鼎名古熊1914 伊那四国88霊場、伊那12薬師、中部49薬師
15番 松尾山 長石寺   真言宗智山派 長野県飯田市時又329  
16番 松源山 清見寺   曹洞宗 長野県飯田市松尾4043  
17番 旭松庵     長野県飯田市羽場町2  
18番 仏性山 帰命院 阿弥陀寺 阿弥陀如来 浄土宗 長野県飯田市丸山町2  
19番 白雲山 紫雲院 来迎寺 阿弥陀如来 浄土宗 長野県飯田市伝馬町1 飯田観音
20番 圜悟山 正永寺 虚空蔵菩薩 曹洞宗 長野県飯田市江戸町3  
21番 日輪山 観音院 光福寺 阿弥陀如来 浄土宗 長野県飯田市上郷黒田2934  
22番 白雉山 雲彩寺 薬師如来 曹洞宗 長野県飯田市上郷飯沼3335 伊那12薬師、中部49薬師、伊那四国88霊場
23番 迦葉山 鶏足院 聖観世音菩薩 曹洞宗 長野県飯田市上郷飯沼2498  
24番 種月山 耕雲寺   曹洞宗 長野県飯田市座光寺1708  
25番 一仏堂 水月庵     長野県飯田市座光寺古市場  
26番 間ケ沢 清水庵   高野山真言宗 長野県下伊那郡高森町下市田20  
27番 観音堂     長野県下伊那郡高森町上市田202 原町陣屋区民会館
28番 吉城山 摂取院 光専寺 阿弥陀如来 浄土宗 長野県下伊那郡高森町吉田706  
29番 慈照庵 聖観世音菩薩   長野県下伊那郡高森町山吹5608 小沼観音、仏手庵
30番 一心庵 観音堂     長野県下伊那郡高森町山吹3786 駒場生活改善センター
31番 如説山 法光院 光明寺 阿弥陀如来 天台宗 長野県下伊那郡高森町山吹8382 中部49薬師
32番 普門山 隣政寺 不動明王 天台宗 長野県下伊那郡高森町山吹2357 山の寺
33番 大嶋山 医王院 瑠璃寺 薬師如来 天台宗 長野県下伊那郡高森町大島山812 中部49薬師
番外 定額山 元善光寺 善光寺如来 天台宗 長野県飯田市座光寺2638