★伊勢西国三十三ヶ所観音霊場

札所数 39(番号付き札所:33  客番・番外札所:6)
別称  
関連霊場  
公式情報・事務局 伊勢西国三十三所霊場会(http://isekannon.jp/
御開帳情報  
開創年・開創者 開創年は不明、平成18(2006)年に再編
縁起・由緒・開創経緯  
備考

・小野篁(802~853年)が、平安時代前期に巡拝したとの記録がある。

・何度かの札所統合、異動を経て、平成18年(2006年)に再編された札所が現行となっている。

・番外2ヶ所の他に、4ヶ所の元札所も公式に名を連ねている。

・御本尊名が印刷された、霊場専用の御朱印帳が用意されている。

・霊場会が主催して、何度かに分けて結願を目指す公式巡礼ツアーがある。

情報掲載日・更新日 公開:2014年10月20日  更新:2019年06月14日

 

札番 山・院・寺号 霊場御本尊 宗派 住所 備考
1番 潮音山 太江寺 千手観世音菩薩 真言宗醍醐派 伊勢市二見町江 三重四国88霊場
2番 勝宝山 兜率院 金剛證寺 十一面観世音菩薩 臨済宗南禅寺派 伊勢市朝熊町 日本三大虚空蔵菩薩
3番 龍池山 松尾観音寺 十一面観世音菩薩 単立 伊勢市楠部町 龍神伝説
4番 富向山 田宮寺 十一面観世音菩薩 真言宗 度会郡玉城町田宮寺 無住
5番 神護峯 中山寺 十一面観世音菩薩 臨済宗妙心寺派 伊勢市勢田町  
6番 慈眼山 観音院 金胎寺 千手観世音菩薩 真言宗御室派 鳥羽市鳥羽 中ノ郷観音
7番 仏性山 称樹院 宝林寺 十一面観世音菩薩 浄土宗 伊勢市御薗町小林 小林観音
8番 岡寺山 如意輪院 継松寺 如意輪観世音菩薩 高野山真言宗 松阪市中町 岡寺観音、三重四国88霊場、東海36不動
9番 無量山 千福寺 十一面観世音菩薩 真言宗山階派 多気郡大台町柳原  
元9番 涌福智山 国束寺 十一面観世音菩薩 和宗 度会郡度会町平生  
10番 摩尼山 金剛座寺 如意輪観世音菩薩 天台宗修験道法流 多気郡多気町神坂  
11番 丹生山 近長谷寺 十一面観世音菩薩 真言宗山階派 多気郡多気町長谷 三重四国88霊場
12番 丹生山 成就院 神宮寺 十一面観世音菩薩 真言宗山階派 多気郡多気町丹生

女人高野、丹生大師、三重四国88霊場

西国49薬師、東海36不動

13番 青瀧山 千手院 賢明寺 千手観世音菩薩 天台宗山門派 津市久居元町  
14番 恵日山 観音寺 聖観世音菩薩 真言宗醍醐派 津市大門

津観音、三重四国88霊場

真盛上人25霊場、伊勢の津七福神

15番 近田山 長谷寺 十一面観世音菩薩 臨済宗相国寺派 津市片田長谷町  
16番 白山 密蔵院 千手観世音菩薩 真言宗御室派 津市大谷町 三重四国88霊場
17番 馬宝山 蓮光院 初馬寺 馬頭観世音菩薩 真言宗御室派 津市栄町 三重四国88霊場、伊勢の津七福神
18番 泰平山 府南寺 千手観世音菩薩 真言宗御室派 鈴鹿市国府町 国府の観音とも、上寺の観音
19番 白子山 観音寺 白衣観世音菩薩(子安観音) 高野山真言宗 鈴鹿市寺家 子安観音寺、三重四国88霊場
元19番 榊宮山 文定院 蓮光寺 十一面観世音菩薩 天台真盛宗 亀山市阿野田町  
20番 金井山 林光寺 千手観世音菩薩 真言宗智山派 鈴鹿市神戸 えんま寺、三重四国88霊場
21番 日照山 円福寺 十一面観世音菩薩 黄檗宗真光派 亀山市住山町  
22番 清涼山 宗徳寺 十一面観世音菩薩 曹洞宗 亀山市両尾町 内山観音
23番 鶏足山 野登寺 千手観世音菩薩 真言宗 亀山市安坂山町 三重四国88霊場
24番 荒神山 観音寺 十一面観世音菩薩 真言宗 鈴鹿市高塚町 荒神山観音、三重四国88霊場、伊勢七福神
25番 補陀洛山 勅願院 観音寺 如意輪観世音菩薩 浄土宗鎮西派 四日市市六呂見町 日本唯一の四足八鳥(ろくろみ)観音
元25番 尾高山 引接寺 観音堂 十一面千手観世音菩薩 浄土宗鎮西派 三重郡菰野町杉谷尾高 お堂のみ、元26番慈眼寺の管理
26番 垂坂山 観音寺 千手観世音菩薩 天台宗 四日市市垂坂町 東海近畿35地蔵、東海49薬師、垂坂山大師
元26番 杉谷観音山 慈眼寺 十一面観世音菩薩 浄土宗鎮西派 三重郡菰野町杉谷  
27番 富田山 長興寺 聖観世音菩薩 曹洞宗 四日市市富田  
28番 龍王山 宝性寺 十一面観世音菩薩 単立 四日市市蒔田 無住
29番 鳴谷山 聖宝寺 十一面千手観世音菩薩 臨済宗妙心寺派 いなべ市藤原町坂本  
30番 星川山 多門院 安渡寺 聖観世音菩薩 単立 桑名市星川  
31番 走井山 勧学寺 千手観世音菩薩 高野山真言宗 桑名市矢田 番外大福田寺の管理
32番 雨尾山 味光院 飛鳥寺 十一面観世音菩薩 真言宗東寺派 桑名市下深谷部  
33番 多度山 法雲寺 多度観音堂

十一面観世音菩薩

千手観世音菩薩

真言宗 桑名市多度町多度山下 多度大社の管理、お堂のみ
番外1 青峯山 正福寺 十一面観世音菩薩 高野山真言宗 鳥羽市松尾町

東海近畿35地蔵、東海36不動

三重四国88霊場、嵯峨御所

番外2 神宝山 法皇院 大福田寺 十一面観世音菩薩 高野山真言宗 桑名市東方 三重四国88霊場、伊勢七福神

 

札番 御詠歌
1番 江寺なる 仏の誓い 深き海 二見の浦に 見ゆる立石
2番 朝熊山 上りて見れば 極楽の 是ぞ誠の 浄土成るらん
3番 松の尾や 光あまねき 二つ池 大慈大悲の 誓とどまる
4番 田宮寺や 神も仏も ひとつなれは わきておかすぬ かたちたになし
5番 御仏の 導き給もう 法の道 歩みを運べ 中山の寺
6番 伊勢志摩の 鳥羽の浦輪の 御仏は 慈眼も高き 千手観音
7番 月よみの 森の下なる 寺見れば 花降りかかる 春の曙
8番 松の音に 昔を偲ぶ たたずまい 祈りの煙 今日もたなびく
9番 あら尊と 手引給える 観世音 貴き賤しき 人を選ばず
元9番 神代より 国を束ねる 寺なれば 福智を涌かす 仏なりけり
10番 昔より 菩提の樹 それながら 出でし仏の 影ぞ残れる
11番 大和なる 長谷の寺も これと又 同じ御法の 道にこそゆけ
12番 千早ふる 神の御寺と 聞くからに 後の世迄も 頼しの身や
13番 漏らさじと 誓いの海の 広ければ 入りぬる人は 悟らぬはなし
14番 伊勢の海 清き渚に 船うけて あひあふ君を あふぐ此寺
15番 幾度も 参る思ひは 初瀬寺 心も清き 谷川の水
16番 花山の 峰におさむる 観世音 二世の願いを 頼むなるらん
17番 駒いばう 宝の山は 春ごとに 尚繁り添う 行相いの松
18番 色付くや 上寺山の 峯の松 風音して 秋を報せん
19番 漏らさじと たつる仏の 誓ひとて つづみの浦に 鳴る浪の音
元19番 降りつつや ここは阿野田の 幡間谷  尋ね行くてふ 山寺の道
20番 かない山 木の間とびくろ 蛍火は 野間の林に 光とどむる
21番 遥々と 住山寺へ 分け入れば 仏の恵み 深き谷川
22番 詣で来る 人の祈りを 叶へんと 千手の誓い 深きうち山
23番 野を上る 寺こそ是よ 鶏の 朝の声は 法の言の葉
24番 里遠き こうぢが山の 紅葉ばも 観音大悲の 光とぞ見る
25番  
元25番 分け上る 高の峯に 雲晴れて 匂ふ朝日の 影ぞさやけき
26番 祈りなば 誰も願ひの 垂る坂を 一人の上ると 人ぞ思ふな
元26番 杉まねく 峯の嵐や 谷川の 音もあまねき 御法なるらん
27番 磯の風 仏の御声 囁きて 富田の里に 光り輝く
28番 東雲の 光を仰ぐ 宝性の 千歳の炎 深き恵みを
29番 迷ひ路の 便りともなる 谷なれば 入ぬる人の 悟らぬもなし
30番 天津星 川瀬に影の 映る夜は やすの渡りと 見ゆるものかな
31番 走り出でて 沖を遙に 詠むれば いつも絶えせぬ 松風の音
32番 雨の尾の 嵐の風は しげけれど 雲井はるかに 鳥ぞ飛来る
33番 今までは 親と頼みし 笈摺を 脱ぎて納むる わしのくらにて
番外1 慈悲の海 深き誓いのたのもしき 青峯山に 参る身なれば
番外2