★安房国四十八薬師霊場

札所数  番号付き札所:48、客番・番外札所:0
開創年  
公式情報・事務局  
御開帳情報  寅年に本開帳・申年に中開帳(半開帳)
備考

・安房国、つまり千葉県の房総半島に点在する札所から成る薬師如来霊場

・「東口十二薬師」「西口十二薬師」「南口十二薬師」「北口十二薬師」の4エリアに分かれている

・御開帳霊場の色が強く、その時期以外は無人の札所が多い

・多少の無理矢理感はあるが、十二支を書き出しに使った御詠歌が多い

 作成開始日:2014年03月27日

最終更新日:2017年04月06日

 東口十二薬師
札番 山・院・寺号 御本尊 宗派 住所 備考
 第1番  日色山 国分寺  薬師如来  真言宗智山派  千葉県館山市国分  安房国分寺跡
 第2番  三善寺      千葉県館山市瀧川  お堂のみ
 第3番  玉龍院  薬師如来  臨済宗建長寺派  千葉県館山市稲  
 第4番  薬師堂      千葉県館山市大井  1番の管理
 第5番  医王寺    真言宗智山派  千葉県館山市薗  
 第6番  西光寺    真言宗智山派  千葉県館山市江田  
 第7番  御嶽山 延命院  地蔵菩薩  真言宗智山派  千葉県館山市腰越  安房国108地蔵、安房郡札33観音
 第8番  東福院      千葉県南房総市宇戸  
 第9番  紫雲寺    曹洞宗  千葉県館山市片岡  
 第10番

 宝樹院

   真言宗智山派  千葉県館山市竹原  
 第11番  安養寺    真言宗智山派  千葉県館山市二子  
 第12番  薬師堂      千葉県館山市安東  

札番 御詠歌
 第1番

 瑠璃仏の 光いただく 天が下 国分けるてふ 寺へ参りて

 第2番

 瀧川や 浅瀬を上る 鮎子まで 薬師如来の 救い漏れじな

 第3番

 南無薬師 菩提の種を いざ賜え 早稲も奥手も 実る稲村

 第4番

 御仏に 並ぶ月日の 影映る 国分の水の 心もたれん

 第5番

 百草の おふるそのふの 医薬を 授け給えや 医王神将

 第6番

 ただ頼み しなの病 重くとも 救いは江田の 薬師如来に

 第7番  山河や 落ちかた人も 腰越いの 薬師の御前 漏れで賑あう
 第8番  瑠璃仏の 光は宇戸の 寺なれば 長き闇路は ここにほのぼの
 第9番  東方 瑠璃の浄土が しなてるや 片岡山の 竹の御堂は
 第10番  伏し拝み 世の噂する 竹原や 七の社の 薬師如来を
 第11番  よそぢやつ とうと二子の 安養寺 弥陀と薬師の 誓いにぞ会ふ
 第12番  法の道 巡るこの身は 安東へ 守らせ給ふ 十二神将

 

 西口十二薬師
札番 山・院・寺号 御本尊 宗派 住所 備考
 第1番  海富山 来福寺  薬師如来  真言宗智山派  千葉県館山市長須賀  長須賀薬師、安房郡札33観音、安房88霊場
 第2番  普門山 長福寺  千手観世音菩薩  真言宗智山派  千葉県館山市館山  西口6地蔵、安房郡札33観音
 第3番  観音堂      千葉県館山市上真倉  
 第4番  光照山 医王寺 妙音院 薬師堂  如意輪観世音菩薩  高野山真言宗  千葉県館山市上真倉  安房高野山、山内八十八ヶ所
 第5番  光照山 医王寺 妙音院  如意輪観世音菩薩  高野山真言宗  千葉県館山市上真倉  安房高野山、山内八十八ヶ所
 第6番  薬師堂      千葉県館山市岡沼  
 第7番  頼忠寺    曹洞宗  千葉県館山市宮城  
 第8番  安楽寺    浄土宗  千葉県館山市笠名  
 第9番  観乗院    真言宗智山派  千葉県館山市館山  
 第10番  金剛山 遍照寺 不動院  地蔵菩薩  真言宗智山派  千葉県館山市北条  
 第11番  善栄寺    真言宗智山派  千葉県館山市塩見  
 第12番  龍雲山 東伝寺    曹洞宗  千葉県館山市見物  

札番 御詠歌
 第1番

 願いなば 金剛瑠璃の 光にて 如何な病も 癒ゆざるは無し

 第2番

 牛となり 導き給う 御仏を 慕いて寺に 参れ人々

 第3番

 寅歳の 開扉を待ちて 千里をも 通し通なさで 参れ諸人

 第4番

 卯の花を 捧げて拝め 病む人の 苦源を救う 薬師如来を

 第5番

 竜巻し 四海の水の 雨露と 降るも御法の 薬なるらん

 第6番

 蓑笠の 雨音止めば 耳も効く 眼も晴るる 皆の御薬

 第7番  生まれ来て 諸病悉除の 願なれば 奥山里も 住み良かりけん
 第8番  未より ぐちなる女人 ひと筋に 願いは早き こんにょせいなん
 第9番  申騒ぐ 山路に向かう 良き道を 導き給え 南無薬師尊
 第10番  酉の音に 引かれて来る 瑠璃光の 御堂の甍(いらか) 朝日輝く
 第11番  戌よ住め 塩見が岡の 善栄寺 尊き瑠璃の 珠を磨きて
 第12番  亥の 乾坤堂へ 今着いて 瑠璃の都は ここで見物

 

 南口十二薬師
札番 山・院・寺号 御本尊 宗派 住所 備考
 第1番  医王山 常光寺  薬師如来  真言宗智山派  千葉県南房総市富浦町深名  安房88霊場
 第2番  光勝山 慧心院 西行寺  阿弥陀如来  浄土宗  千葉県館山市船形  
 第3番  薬師堂      千葉県館山市湊  
 第4番  金光寺    真言宗智山派  千葉県南房総市富浦町南無谷  
 第5番  薬王院      千葉県館山市那古  辻の堂
 第6番  釜沼山 普門院 長勝寺  地蔵菩薩  真言宗智山派  千葉県館山市川名  安房国108地蔵
 第7番  万福寺      千葉県南房総市富浦町福澤  
 第8番  永福寺    臨済宗円覚寺派  千葉県南房総市富浦町宮本  
 第9番  大津堂      千葉県南房総市富浦町大津  1番の管理
 第10番  東福寺      千葉県南房総市富浦町丹生  
 第11番  見龍山 満蔵寺  釈迦如来  臨済宗円覚寺派  千葉県南房総市富浦町豊岡  満願びわ薬師
 第12番  深広山 無涯院 長泉寺  阿弥陀如来  浄土宗  千葉県南房総市富浦町原岡  富浦里見大黒天

札番 御詠歌
 第1番

 子は真如 月に雲無き 常世まで 釈迦の御法に 光り輝く

 第2番

 丑三つの 勤めは普賢 三昧の 鐘の響きぞ 後生極楽

 第3番

 寅薬師 衆病悉除の 願立てて 古里は湊に 流れ涼しき

 第4番

 卯は東 金剛摩尼の 瑠璃の珠 祈れば宝 手の内に取る

 第5番

 龍王の 姫は文殊の けどにより なんばう無垢の 稀有主とぞ聞く

 第6番

 御光を 慕いて来る 長勝寺 薬師如来の ありがたきかな

 第7番  馬頭牛頭の 責めを受けざる 栴檀の かうのけふりに 罪は消えけり
 第8番  未足 新風な起き 宮の本 魔界もなびく 摩利支天力
 第9番  去るきは 多病短命 身の貧苦 勢至の御加護 深く頼めよ
 第10番  鳥の音も 法をさいずる 国と聞く 昼夜に願い 弥陀の御元へ
 第11番  戌からは 先を明るく 急げただ 不動の国は 兜率ないゐん
 第12番  いながらに 拝む東方 瑠璃世界 弥勒の出生 共に成仏

 

 北口十二薬師
札番 山・院・寺号 御本尊 宗派 住所 備考
 第1番  医王山 寿薬寺  薬師如来  真言宗智山派  千葉県南房総市高崎  
 第2番  峯松山 善導寺  聖観世音菩薩  曹洞宗  千葉県南房総市井野  
 第3番  薬師堂      千葉県南房総市吉沢沢又  
 第4番  医王寺 長藤薬師堂  薬師如来    千葉県南房総市平久里下長藤  正寿院(経ノ塚)の管理
 第5番  旋光山 普門院  阿弥陀如来  真言宗智山派  千葉県南房総市合戸

 

 第6番  医王山 寿薬寺  薬師如来  真言宗智山派  千葉県南房総市高崎  
 第7番  湯浴堂      千葉県南房総市高崎  
 第8番  薬師堂      千葉県南房総市小浦  
 第9番  金乗山 九品院 蓮台寺  阿弥陀如来  浄土宗  千葉県南房総市久枝  
 第10番  薬師堂      千葉県安房郡鋸南町勝山内宿  
 第11番  瑞雲山 天寧寺  釈迦如来  臨済宗建長寺派  千葉県安房郡鋸南町下佐久間  
 第12番  理性院    真言宗智山派  千葉県安房郡鋸南町中佐久間塚原  

札番 御詠歌
 第1番

 東方の 浄土はここと 拝むべし 朝日と共に 瑠璃の光明

 第2番

 後の世を 導き給う 善導寺 ただひと筋に 祈る我が身を

 第3番

 来てみれば 心も清し 沢又の 流れに浮かぶ 峰の月影

 第4番

 この世をば 夢を悟りて 願うべし 長と住む世は 後の世ぞかし

 第5番

 罪咎の なにか障らぬ 御仏の 誓いぞ深き 二五の大願

 有難や 大師の慈悲は 輝きぬ 千歳百世の 今も普門院

 第6番

 南無薬師 諸病悉除の 願を込め 参る人をば 利益あるべし

 第7番  煩悩の 閼伽をすすいで 岩見堂 苔の衣を 脱ぐぞ嬉しき
 第8番  極楽の 対瀬の岸を 眺むれば 渚に浮かぶ 船の数々
 第9番  蓮の葉の 台に乗りし この寺の 浄土へ参る 後の世のため
 第10番  彼の岸に 渡るや法の 船宿に 浄土はここに 浮かぶ浮島
 第11番  音楽の 御法なるらん 天寧寺 峰に五色の 雲ぞたなびく
 第12番  遥々と 巡り願いの 理性得て 十二の誓い ここに納むる