★京都六地蔵霊場

札所数  番号付き札所:6、客番・番外札所:0
開創年

 保元2年(1157年)

公式情報・事務局  
御開帳情報  
備考

・後白河法皇の勅命を受けた平清盛が西光法師に命じて、街道入口に六角堂を建て地蔵像を祀ったのが始まり

・毎年8月22日と23日に、法要が行われている

・またその両日に六地蔵巡りをする習わしがあり、参拝者が多い

・「山城国六地蔵」や「京ノ六地蔵」などとも呼ばれている

作成開始日:2014年06月20日

 最終更新日:2015年07月31日

札番 山・院・寺号
地蔵尊通称
宗派 街道 住所 備考
 第1番  法雲山 浄妙院 大善寺  伏見六地蔵  浄土宗  奈良街道  伏見区桃山町西町  
 第2番  恵光山 浄禅寺  鳥羽地蔵  浄土宗西山禅林寺派  西国街道  南区上鳥羽岩ノ本町  大阪街道、鳥羽街道
 第3番  久遠山 地蔵寺  桂地蔵  浄土宗  丹波街道  西京区桂春日町  山陰街道
 第4番  常盤山 源光寺  常盤地蔵  臨済宗天龍寺派  周山街道  右京区常盤馬塚町

 尼寺、常盤御前の墓所

 乙子の地蔵

 第5番

 千松山 遍照院 上善寺

 鞍馬口地蔵

 浄土宗

 若狭街道

 北区鞍馬口通寺町東入ル上善寺門前町

 鞍馬街道、姉子地蔵、深泥池地蔵

 第6番  柳谷山 徳林庵  山科地蔵  臨済宗南禅寺派  東海道  山科区四ノ宮泉水町  
 
札番 御詠歌
 第1番

 浮き沈み 六趣を巡る 六地蔵 大悲の袖の 乾く暇なし

 第2番  雨風も いとわで渡す 鳥羽の堂 御法の船の 棹に任せて

 第3番  信心は 月の桂の 地蔵尊 六つの巷の 闇路照らしぬ

 第4番  常盤なる まつの願いの 色見えて 梢の月を 拝む嬉しさ

 第5番  宿かえて 御菩薩も今は 鞍馬口 入り来る人を 導きにけり

 第6番

 巡り来る 人も願の 数あれど 慈悲も積もるや 山科の堂