◎神奈川県の七福神めぐり

★藤沢七福神

七福神 名称 御本尊・御祭神 宗派 住所 備考
弁財天 江島神社

江島大神

・多紀理比賣命

・市寸島比賣命

・田寸津比賣命

神道 藤沢市江の島2-3-8 江の島弁才天、鎌倉江ノ島七福神
毘沙門天 白旗神社 寒川比古命・源義経 神道 藤沢市藤沢2-4-7  
毘沙門天 寂光山 龍口寺 大曼荼羅 日蓮宗 藤沢市片瀬3-13-37  
大黒天 諏訪神社 建御名方富命・八坂刀売命 神道 藤沢市大鋸3-7-2  
恵比寿 皇大神宮

天照皇大神・天児屋根命・天手力男命

天太玉命・天宇受売命・石凝刀売命

神道 藤沢市鵠沼神明2-11-5 烏森神社
福禄寿 八王山 摂取院 常光寺 阿弥陀如来 浄土宗 藤沢市本町4-5-21  
寿老人 三島山 瑞光寺 感応院 不動明王 高野山真言宗 藤沢市大鋸2-6-8 相模21霊場
布袋尊 引地山 養命寺 薬師如来 曹洞宗 藤沢市城南4-10-35  
各種情報 [公式情報]  
[開創年・開創者]
[イベントの期間]  1月1日から31日まで
[御朱印等の受付]  札所による

[その他・備考]  ・藤沢市内にある七福神めぐり。
  ・寺院と神社の両方から成り、8箇所を参拝する。

  ・1日での巡拝も可能だが、年始はどこもかなりの混雑がある

  ・色紙や七福神めぐり専用の蛇腹御朱印帳への御朱印授与など、受け入れ態勢の整った七福神めぐりになっている。

  ・藤沢市観光センターが、年始のイベントとして主催している。

  ・モデルコースだと、およそ3時間の行程になる。

[掲載情報の最終更新日]  2019年01月17日

 

★鎌倉江の島七福神

七福神 名称 御本尊・御祭神 宗派 住所 備考
弁財天 旗上弁財天社 弁財天 神道 鎌倉市雪ノ下2 鶴岡八幡宮
弁財天 江島神社

江島大神

・多紀理比賣命

・市寸島比賣命

・田寸津比賣命

神道 藤沢市江の島 江の島弁才天
毘沙門天 金龍山 釈満院 宝戒寺 地蔵菩薩 天台宗 鎌倉市小町3 鎌倉24地蔵、鎌倉33観音、相模21霊場
大黒天 海光山 慈照院 長谷寺 十一面観世音菩薩 浄土宗系単立 鎌倉市長谷3

長谷観音、坂東33観音、鎌倉6阿弥陀

鎌倉33観音、相模21霊場

恵比寿 妙厳山 本覚寺 釈迦三尊 日蓮宗 鎌倉市小町1 東身延、鎌倉13仏
福禄寿 御霊神社 鎌倉権五郎景正 神道 鎌倉市坂ノ下4  
寿老人 叡昌山 妙隆寺 釈迦牟尼仏 日蓮宗 鎌倉市小町2  
布袋尊 金宝山 浄智寺 阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来 臨済宗円覚寺派 鎌倉市山ノ内 鎌倉5山、鎌倉24地蔵、鎌倉33観音、鎌倉13仏
各種情報 [公式情報]  
[開創年・開創者]
[イベントの期間]  
[御朱印等の受付]  通年

[その他・備考]  ・神奈川県鎌倉市、藤沢市にある七福神めぐり。
  ・寺院と神社の両方から成り、8箇所を参拝する。

  ・1日での巡拝も可能だが、年始はどこもかなりの混雑がある

  ・色紙や七福神めぐり専用の蛇腹御朱印帳への御朱印授与など、受け入れ態勢の整った七福神めぐりになっている。

[掲載情報の最終更新日]  2018年12月14日

 

★横浜磯子七福神

七福神 名称 御本尊・御祭神 宗派 住所 備考
弁財天 海向山 岩松寺 金蔵院 薬師如来 高野山真言宗 横浜市磯子区磯子4 東国88霊場、横浜33観音
毘沙門天 禅馬山 密厳院 真照寺 阿弥陀如来 高野山真言宗 横浜市磯子区磯子8  
大黒天 医王山 金剛院 薬師如来 高野山真言宗 横浜市磯子区岡村5 東国88霊場
恵比寿 明王山 不動院 宝積寺 不動明王 高野山真言宗 横浜市磯子区上町7 横浜21霊場、東国88霊場、横浜33観音、横浜7薬師
福禄寿 妙法山 観世音寺 弘誓院 聖観世音菩薩 高野山真言宗 横浜市南区睦町2 横浜21霊場、東国88霊場、横浜33観音
寿老人 清瀧山 宝金剛院 宝生寺 大日如来 高野山真言宗 横浜市南区堀ノ内町1  
布袋尊 竜頭山 明王寺 密蔵院 不動明王 高野山真言宗 横浜市磯子区滝頭3 東国88霊場
各種情報 [公式情報]  
[開創年・開創者]  大正7(1918)年に開創、戦中戦後の衰退を経て、昭和53(1978)年に復興
[イベントの期間]  
[御朱印等の受付]  

[その他・備考]  ・磯子区青年指導員協議会、磯子区体育指導委員協議会、そして各寺によって復興された。
  ・開創時は、岡村天満宮や磯子浜稲荷社が七福神めぐりに入っていた。

  ・行程およそ9㎞、徒歩で3時間コースとなる

  ・色紙への御朱印など、受け入れ態勢の整った七福神めぐりになっている。

[掲載情報の最終更新日]  2018年10月27日